竹ノ内昭範

七年の歳月

2018年03月11日 by 竹ノ内昭範

今日、3/11は、忘れてはならない東北大震災が発生した日。今日で七年が経過しました。

テレビの各局は一様に被災地の今を報じていました。私も実際に震災数ヶ月後に被災地を訪れましたが、その時の光景は未だに脳裏に焼き付いています。

中でも大津波に耐えた岩手・大船渡に建っているSE構法の住宅を目の当たりにした時は高い耐震性の証明になったことは良い事でしたが、周りの悲惨さを同時に目の当たりにし複雑な気持ちになりました。

天災はいつやって来るか誰にも分かりません。明日かもしれません。出来る備えを今日から取り組みたいですね。

これからもSE構法で "耐震住宅100% "を手掛けていく思いは変わりません。

でわでわ

TAKE

 

最近のブログ記事一覧

2018年05月23日
浦 功宝塚北PA
2018年05月22日
山下真一タイヤが浮いている!!
2018年05月19日
倉田晃背割堤のクスノキ
2018年05月18日
西垂水悠輔早いもので
2018年05月17日
民行雄少しづつ暑くなってきました。
2018年05月16日
岩本お絵かき
2018年05月16日
竹ノ内昭範今年は良い事あるかも。。
2018年05月15日
山下多恵子送る会
2018年05月10日
林亜樹芦生の森研究林でトレッキング
2018年05月08日
浦 功白井大町藤公園へ