FILE17

パティオのある暮らし

  • 洋風

竹ノ内昭範 の心のメモ

建物の中心にパティオを配し、ここを介して動線を結ぶゆとりの邸宅は、部屋のどこに居ても自然の光を感じる事のできる造りです。

玄関を入ると目前に広がるパティオ。空からの光が降り注ぎ、その先のピアノ室まで視界が広がり訪れる人を開放的な気持ちにしてくれます。
この空間を採る事でお住まい全体を優雅に明るくしています。晴れた日にはアフタヌーンティーなど生活の色々なシーンでこのパティオが生きてくる事でしょう。
リビングはお手持ちの格式高い洋家具と調和する空間に。
全体的にホワイトを基調とした優しい色合いの洋風邸宅です。

お客様データ

パティオのある暮らし

所在:
京都府