山下多恵子

花菜で春を感じます。

2016年03月13日 by 山下多恵子

この時期、お百姓さんが出している無人の野菜販売所には花菜が売られています。(京野菜「伏見寒咲なたね」とも呼ばれる花菜は長岡京市の特産品ともなっています。)

我が家の食卓には毎日花菜料理が有ります。でも人気で買いに行ってももう売り切れてない時もしばしばあります。

私も京都で暮らすようになってもう32年が過ぎますが、こんなにこの時期に花菜を食べるのは最近になってからです。なぜ今まで食べていなかったんだろうと不思議です。こんなに美味しいのに。春を感じます。

8c8cc7be03dc6a825ee4ca70aca2edb1[1]

浦さんはもう食べたという、明石のいかなごのくぎ煮も春を感じますよね。

明石に住む義姉が作るいかなごのくぎ煮今年も届けてくれるかな~(^_^

楽しみにしているのですが、毎年「もう年やし今年で終わりにするわ」と言いながら去年までは送ってくれたのですが・・・・

                    春の味を心待ちにしています。by多恵

 

 

 

 

 

最近のブログ記事一覧

2021年06月12日
倉田晃水場を求めて・・・
2021年06月11日
岩本チューリップ大作戦
2021年06月11日
山下真一葉酸たまご
2021年06月09日
林亜樹6月すでに暑い。
2021年06月08日
埀石暖奈DIY
2021年06月07日
竹ノ内昭範日本新。
2021年06月07日
民行雄聖火
2021年06月06日
森岡莉稀棟上げ
2021年06月05日
浦 功タイルの表情
2021年06月02日
湯浅 拓也あっという間