竹ノ内昭範

建築現場の事。

2016年05月17日 by 竹ノ内昭範

3月より自宅近くで大手の会社が建築工事を進めています。

地盤改良・基礎工事と進み先月は建て方でした。

現在は外壁のサイディングも張られ内部の造作中のようです。

見ていていろんなことに気付くのですが工事の進め方は

各社違うんだなと改めて思いました。

当然なことだというものの勉強になります。

一点気になるのは外部はサッシも入って雨仕舞は終えているのに

屋根が未だに葺けていません。理由があってそうしているのか???当社の場合はできるだけ早く雨仕舞は行うので工事の進め方の相違に疑問が沸いてきます。

でもさすが大手という部分もあります。それは時間をきちんと

守っていることです。朝は8:00過ぎないと始めないですし

夕方は夏場の今は18:00にはピシャッと終わっています。

当然に日曜・祭日は工事は一切しません。大手ゆえ世間から叩かれやすいから控えるというのもあるかと思いますが、近隣の事を感えて工事を行っている姿勢が見て取れます。

我々も大手同様にこの決まり事は実行していますが、街を見渡すと中にはお構いなしに工事をする工務店や業者さんを目にします。

近隣の方はこういうところをしっかり見ておられ、建築依頼先を選定される時代ですので他人の迷惑を考えず自己中心的な振る舞いではダメなのでしっかりとルールは守りたいものです。

でわでわ

TAKE

最近のブログ記事一覧

2020年09月21日
岩本働く車
2020年09月19日
倉田晃興正寺の足場
2020年09月18日
山下真一鹿・コトバノクニ
2020年09月16日
林亜樹時代の流れに適応する
2020年09月14日
民行雄選挙
2020年09月11日
竹ノ内昭範秋の始まり。
2020年09月10日
浦 功運動会
2020年09月09日
山下多恵子オンライン
2020年09月07日
岩本熱中症?
2020年09月07日
湯浅 拓也噴水公園