竹ノ内昭範

京町家と耐震住宅

2016年11月28日 by 竹ノ内昭範

この前、ある解体工事見積のため現場に行きました。そこは昔ながらの京町家。

隣の家との境界がトンネル状になった通路の真ん中で二階がブリッジの渡り廊下となっています。

このブリッジが老朽化に伴い変形していて歪んだ建物がたっています。

これを切り離してたて壊すのは至難の技。

隣家も自立しないと思われるので今回の案件は見送り事にしました。

そんな中でお客様の口から頻回出て来た言葉は・・・・?

『耐震』。

やはりここのところ地震が頻発しているので気になるところでしょう。

耐震住宅の需要はこれから増していくと思います。当社はずっとまえから

耐震住宅『100%』です。

でわでわ

TAKE

最近のブログ記事一覧

2019年06月15日
倉田晃関西の梅雨は?
2019年06月12日
湯浅 拓也老後の生活
2019年06月11日
西垂水悠輔梅。
2019年06月11日
竹ノ内昭範不屈の精神・感動。
2019年06月08日
民行雄北から南
2019年06月07日
浦 功梅雨入り?
2019年06月07日
山下多恵子おっとっと 
2019年06月06日
岩本ガブー
2019年06月05日
林亜樹あじさいと梅雨
2019年06月04日
山下真一木の温もりと日差しのある家