竹ノ内昭範

シンボルツリー

2017年06月21日 by 竹ノ内昭範

五月の連休に祖父・祖母の法事があり帰省した時の話しですが、法事をするお寺に出向いたおり、いつもの光景と少し違うと感じてよく見てみると相当年月が経っている樹齢の大木が無くなっていました。

この大木、このお寺のシンボルツリー的な杉の木だったのですが根腐れ等で放置していると倒木の恐れがあるとの事で切り落としたようです。

自身の幼少のころ、この聳え立った杉の木の下で夏休みのラジオ体操をしていた思い出の木でもあります。

ラジオ体操が終わると、この木にとまっているセミやクワガタなどを捕獲したり。。。。。懐かしい思い出です。

時はすぎるの早いですね。もう、40年以上前の話でした。

でわでわ

TAKE

最近のブログ記事一覧

2020年07月03日
竹ノ内昭範成長の証?
2020年07月01日
山下多恵子旬の野菜
2020年06月29日
湯浅 拓也夏対策
2020年06月29日
浦 功今年も半年終わりました
2020年06月29日
岩本今がふんばりどころ
2020年06月27日
民行雄我慢の時ですね。
2020年06月27日
倉田晃ミニとまと
2020年06月26日
山下真一コロナどうなる?
2020年06月25日
林亜樹夏の換気について考える
2020年06月19日
竹ノ内昭範大規模建築物の木造化。