年頭のご挨拶

2019年01月01日

新年明けましておめでとうございます。
平成最期のお正月であり、又、皐月には新元号となります2019年の始まりですが
皆様にとりまして希望に満ちた一年となられます事心よりお祈り申し上げます。

昨年を振り返りますと、毎年恒例の今年の一文字にもなりました『災』に代表されます様に多くの天災に見舞われた年で、
大阪北部地震に始まり、秋には巨大台風が到来し甚大な被害をもたらしました。
弊社としましても被害に遭われたお客様や地域の方から100件を超す多くのご依頼を頂き、
その復旧工事に全社を挙げ従事致しましたが業界的にも人手、及び物品の不足が重なり
中々思うように作業が捗らず本意ではなくとも新年に持ち越す形となっている現状があります。
私の見聞として『多災の後は穏やかな日々が続く』というのがあります。
この事に期待を馳せ、可能な限り一日も早く復旧工事を終え、
お客様に安心、安堵をご提供できます様務めて参りたいと存じます。

又、本年は消費税増税が見込まれており、増々、住宅建築等厳しくなる事が想定されます。
この苦境を乗り越えるには他社にない『質』、『真心』が求められ、これに応じるべく日々、
社員一同地道に精進して参りたいと存じます。
本年も変わらぬご支援、お引き立てを賜ります様よろしくお願い申し上げます。

謹白

平成31年元旦
山栄ホーム株式会社

代表取締役
山下 真一