竹ノ内昭範

大規模建築物の木造化。

2020年06月19日 by 竹ノ内昭範

弊社が普段から建築に使用している木材。木造での建築物を専門に手掛けて長きになりますが昨今では国も法改正に着手し、大型建築物の木造化に力を入れています。

Co2削減効果は勿論のこと、間伐材を利用することで林業、荒れた山を活性化する効果が期待されています。

弊社が手がけるSE構法も、元々は集成材を利用した大規模建築物を得意とする工法であり、弊社でも同構法でマンション、医療機関、オフィスなどを建築実績があります。

そんな中、京都市内のど真ん中に、今、大手ゼネコンが建築中のホテルがあり、先日近くに行った際、通り沿いから見てみると主要構造体は鉄骨ですが一部の化粧部分に木材が使われていました。

一見すると木造に見える建物です。

市内のど真ん中ですので防火の規制がある場所ですが木調防火材で被覆して耐火をクリアしている構造となっていました。

東京国立競技場も木材がふんだんに取り入れてある建物ですし、時代は木造に流れています。

弊社も今後も大規模木造建築に携わるべく新たに『FULLWOOD』という自社ブランドを立ち上げました。

一棟でも多く木造の建築物を広めたいものです。

でわでわ

TAKE

最近のブログ記事一覧

2020年09月22日
湯浅 拓也変化
2020年09月21日
岩本働く車
2020年09月19日
倉田晃興正寺の足場
2020年09月18日
山下真一鹿・コトバノクニ
2020年09月16日
林亜樹時代の流れに適応する
2020年09月14日
民行雄選挙
2020年09月11日
竹ノ内昭範秋の始まり。
2020年09月10日
浦 功運動会
2020年09月09日
山下多恵子オンライン
2020年09月07日
岩本熱中症?